大腸がんは早めの治療が大切|ガンにならないための予防策

諦めないことが大切である

hospital

すい臓がんは発見しにくい箇所にあるので見つかった時には手遅れになっている場合が多いです。また手術をしても転移しやすいので生存率も他のがんと比べたら低い傾向にあります。しかし今では放射線治療や化学療法等も発達しているので、転移したとしても諦めることなく治療をすれば寿命を延ばせることができます。

» 詳細

大腸の粘膜にできる腫瘍

nurse

今現在は食の文化が大きく変わってしまったため、肉を中心とした傾いた食事をされている方などがいます。そのような方が引き起こすのが大腸がんです。これは名のとおり大腸自体が腫瘍などが出来てしまっているのです。

» 詳細

転移しやすい

healthy men

知らない間に全身に

大腸がんは男女ともに患者数が多い疾患です。大腸がんになる原因は欧米食や、運動不足、食物繊維の摂取不足、便秘など現在人に条件が一致していることが多いです。特に便秘が大腸がんのリスクファクターになるため、女性で有病率が高いです。大腸の主な働きは水分の吸収です。坐剤なども存在する通り、ある程度栄養の吸収もできます。大腸から吸収された栄養素は肛門付近であれば、門脈に吸収されず、それ以外なら門脈に集められ、全身にすぐに送られます。つまりがん細胞も全身に移動しやすい構造となっているため、発見した時には手遅れになっていることもあります。大腸がんに気づくためには快便が続いていることや、便の様子を観察することである程度予測はつきます。

男性の有病率も高く

一昔前までは男性は煙草による肺がん患者が多くいました。しかし最近の健康ブームと煙草を毛嫌いする社会的影響から肺がん患者が減少し、それに反比例するように大腸がん患者が増加しています。この背景には揚げ物や食生活の乱れ、運動不足以外にストレスなどもかなり影響していると言われています。よって最近では男女とも発症率がかなり高いがんの1つです。男性の場合軟便になりやすい傾向にあるため、女性より比較的進行しにくい傾向にあります。大腸がんは全身転移していない場合比較的簡単に治療でき、生存率もかなり上がっています。もし全身転移してしまった場合も最近の医療技術で完治できる可能性も少なからずあります。

大きな特徴

窓

女性にとって、年齢を重ねるといろいろな病気を発症します。中でも怖い病気として、いわれているのが、乳がんです。40歳になると検査をするように言われるので、是非受けて早期発見をしましょう。そうすることで、治りやすいです。

» 詳細

Copyright© 2016 大腸がんは早めの治療が大切|ガンにならないための予防策 All Rights Reserved.